貸倉庫を利用して発送業務の効率をアップ【物件選びのコツって】

選び方のコツ

作業員

確認しておくこと

コンテナが必要になった際の販売業者の選び方ですが、いくつかのコツがあります。まず、販売業者にどれだけの技術があるのかの確認が必要です。既製品のコンテナで良いのなら特に問題はありませんが、入れる物によっては、換気扇をつけるなどの加工をしなければならないのです。そのため、こちらの要望に応えられるのかどうかを見ておかなければいけません。調べるのは簡単で、販売業者が過去に扱ってきたコンテナなどを、実際に見せてもらいましょう。販売業者によっては、ホームページでコンテナを公開していることも多いので、必ず確認しておきたいものです。それからコンテナの販売業者というのは、自社で作っているところと、外注しているケースにわかれます。可能であれば、前者のコンテナ販売業者が望ましいです。その理由は、一社だけなら他の業者が入らない分、手数料や仲介料が省けます。おまけに窓口が一つであれば、打ち合わせも一度で済みます。おまけに、指示が伝わないといった事態も避けられるなど、とにかく利点が多いです。加えて、担当者が途中でかわらないというのも重要です。最初から最後まで同じ人が窓口になってくれるなら、うまく話が伝わっていない、などといったことが防げます。また、コンテナのアフターケアを請け負ってくれるかどうかも聞いておきましょう。やはり製造や販売をしている業者に任せた方が、的確に修理してもらえますし、何よりも業者を探す手間がかからないからです。

Copyright© 2018 貸倉庫を利用して発送業務の効率をアップ【物件選びのコツって】 All Rights Reserved.