貸倉庫を利用して発送業務の効率をアップ【物件選びのコツって】

ビジネスを始めるために

メンズ

初期費用を抑えたい

コンテナは船などで荷物を輸送する際に大変便利な物ですが、建物として利用することも可能です。販売業者から購入し、ビジネスに利用している人もいることでしょう。ビジネスのために建物を建てるのは、高い費用が必要です。しかし、そこまで広いスペースを必要としないなら、販売業者からコンテナを購入して利用すれば初期費用をかなり抑えられます。人件費も安く抑えられることでしょう。また、コンテナであれば移動が可能です。別の場所で事業を展開したいといった際に、場所を移すことができるのです。トランクルーム業界では、コンテナの人気が高まっています。倉庫とは違い、出し入れが自由にできるといったメリットがあるからです。ちなみに、コンテナビジネスには注意点もあります。建物として利用するなら、建築許可を取らないといけないのです。許可を取っていない場合は、法律に違反して取り締まりの対象となります。ちなみに、中古のコンテナであれば20万円程度から販売されています。一見魅力的ですが、場合によっては新品を購入した方が安い場合もあります。中古コンテナは、建築確認申請が通らないのです。申請を通すためには、建築基準法に則った建築物の中にコンテナを設置しなければなりません。つまり、建築費用が別途かかってくることになります。完全な建物ではなく、間仕切りのような形でコンテナの周りに構造体を作る方法もありますが、どちらにせよ費用はかかります。新品のコンテナを販売業者から購入した方が、費用を抑えられるかもしれないのです。

Copyright© 2018 貸倉庫を利用して発送業務の効率をアップ【物件選びのコツって】 All Rights Reserved.